アンナプルナトレッキング③

f:id:mogunon:20200709111842j:plain

アンナプルナトレッキング2日目。

昨日の疲れはそんなに残らず、今日も元気に登れそうです。

ガンダルクは山中にある集落の中でも比較的大きめの集落のようで、家がたくさんあります。建物はほぼ煉瓦造りです。

f:id:mogunon:20200709113201j:plain

こういう道は迷路のようで何か楽しいです。

f:id:mogunon:20200709113328j:plain

f:id:mogunon:20200709113356j:plain

こんな景色を横目に進んでいきます。

ここまでずっと登ってきたんですが、アンナプルナベースキャンプに行くにはいくつか山越えをしなければなりません。つまり、せっかく登った山を下るということです。これが精神的にしんどい。

まあそんなことも言ってられないので、下ります。下りは登りと使う筋肉が違うのか、意外とスイスイ下れます。しかし下るということは再び登らなければならないということです。。。

ある程度下りたら次は登ります。この2日目が本当に苦しかった。なんとこの日に2つ山を越えることになったんです。そこそこ急な坂道を一歩一歩、重い足を力をふりしぼって前に進めながら登り、やっと登ったかと思えば今度は下っていき、、、

これ、結構メンタルにきます。心が折れそうになります。

f:id:mogunon:20200715175758j:plain

f:id:mogunon:20200917072751j:plain

橋を渡って、、、

f:id:mogunon:20200917072847j:plain

f:id:mogunon:20200917073011j:plain

途中にはいくつか家もあって、チビちゃんにあいさつ。

ステキな笑顔に癒されます。

f:id:mogunon:20200917073135j:plain

だいぶ山奥に進んできました。この辺りまで来ると、だんだんとアップダウンも落ち着いてきます。本格的な山道で、登っていくのみです。

f:id:mogunon:20200917121118j:plain

相方の背中を追いかけながら必死に登っていきます。

ここがラストスパート!!

重い足を一生懸命持ち上げてなんとか足を運んでいきます。

そしてついに、、、

f:id:mogunon:20200917121319j:plain

今日の宿に到着!!この日がトレッキングで一番長い1日でした。

僕たちが行ったときはローシーズンで人はほとんどいない時期。通常600ルピー(約529円)のところ、350ルピー(約308円)で泊めてくれました。ありがたい!!

この日に同じ山小屋に泊まったメンバーがこちら。

f:id:mogunon:20200917121822j:plain

中国人の4人組グループとオーストリア人のハリー。みんな気さくでいい奴らでした。

ハリーはタイミング悪く写れなかったけどみんなで記念撮影。

f:id:mogunon:20200917122354j:plain

ちなみにここから見るヒマラヤ山峰はこちら。

f:id:mogunon:20200917122511j:plain

だいぶ近づいてきました!!こういう景色を見ると、疲れが吹っ飛んでまた登ることができるんです。ほんと不思議です。

3日目はまた次回お届けします!!
アンナプルナトレッキングの記事はこちらから↓

アンナプルナベースキャンプ(A.B.C.)トレッキング①

アンナプルナトレッキング②

アンナプルナトレッキング④

アンナプルナトレッキング⑤

ヒマラヤを眺めて。名残惜しくアンナプルナを後にする、、

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
バックパッカー旅ではなく、もっと気軽に世界一周した人にオススメなのが「世界一周ピースボート」の旅です!!
1人で参加するもよし、友達を誘っていくもよし、日本語だけで現地でのやり取りも安心!船で過ごす中で一生ものの友達も作れます。

世界中を見て回りたいけど、やっぱり少し不安だし、勇気が出ない、、、
そんな方もまずは気軽に資料請求できますので話だけでも聞いてみませんか?

きっと、あなたの価値観、世界が広がること間違いなしです!!
ぜひ、世界一周の旅を味わってみてください。
気になる人は↓をクリック!!


Follow me!

アンナプルナトレッキング③” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。