トレッキングの聖地、ポカラの町でポカラ湖に浸る

f:id:mogunon:20200505135240j:plain

カトマンズからポカラへトレッキングのために上陸!

ポカラのバスターミナルで出会ったマサルさんと合流して情報収集しに町を歩きます。

ポカラはトレッキングの聖地!

ポカラの町はお店が立ち並ぶ湖畔沿いの通りが一番賑わっていて、その通りから道を1本中に入ると住宅やらゲストハウスが広がっています。メイン通りには銀行やレストラン、おしゃれなカフェもちらほら。

トレッキング目的のハイカーが集まる街とあって、トレッキンググッズのお店もたくさんあります。なので、何にも準備しないで来てもトレッキングに必要なものはここで揃えることができます。しかも、物価が安いため日本で買うよりも圧倒的に安い!!品質はすごい良くはないですが悪くもないです。

僕はここでリュックとインナー、靴下と地図を購入。マサルさんとはガイドを付けず二人のみで登る予定なので地図は必須。

地図を買ったらレストランでご飯を食べながら作戦会議。僕たちがチャレンジするのはヒマラヤ山脈のアンナプルナベースキャンプ。ポカラからトレッキングを目指す人はここを目指す人がほとんどです。ルートやどこで泊まるか、何日かけて登るかを大まかに決めます。まああくまでも予定で、その時の天気や調子によってはもちろん変わってきます。会議といってもこれくらいです。あとはお互い一人旅をやってきているので臨機応変に!って感じで会議は終了。

魅力しかないポカラ湖

出発は翌々日と決めたのでそれまではポカラの町でゆっくりと過ごします。ポカラ湖がきれい、だということで見にいくことに。

町からはすぐです。中心部のあたりから湖畔にいく事ができます。もちろん湖沿いのカフェやレストランからも眺める事ができます。

f:id:mogunon:20200506110301j:plain

ドーンと見渡しのいい景色が広がっています!トレッキング前のちょっとした癒しですね。

f:id:mogunon:20200506110440j:plain

誰のか分からない小舟がいくつも停泊しています。作りもシンプルそうでサイズも小さいので、このあたりは天候も安定しているのでしょうか。

f:id:mogunon:20200506110722j:plain

釣り人もちらほら。あんまり釣れていなさそうでした。

f:id:mogunon:20200506111010j:plain

野生?なのか、普通に牛がいたるところでくつろいでいます。

夕方になると景色がさらにキレイになる、ということだったので夕方までこの牛と遊んであげることに。

そして日が暮れると、、、

f:id:mogunon:20200512144138j:plain

そこには最高の景色が!!

夕暮れの湖と、青い小舟がマッチしてなんともいえない雰囲気に。僕の中の世界の絶景ポイントの一つです!!

そんなこんなでポカラを満喫。ちなみに、酒も飲めるし美味しい日本食屋さんもあったり、ノリノリなバーもあったりと、夜も楽しめる町です。居心地が良すぎて沈没してしまいそうですが、、、

次回はアンナプルナベースキャンプを目指していきます!!

アンナプルナトレッキングの記事はこちらから↓

アンナプルナベースキャンプ(A.B.C.)トレッキング①

アンナプルナトレッキング②

アンナプルナトレッキング③

アンナプルナトレッキング④

アンナプルナトレッキング⑤

ヒマラヤを眺めて。名残惜しくアンナプルナを後にする、、

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
バックパッカー旅ではなく、もっと気軽に世界一周した人にオススメなのが「世界一周ピースボート」の旅です!!
1人で参加するもよし、友達を誘っていくもよし、日本語だけで現地でのやり取りも安心!船で過ごす中で一生ものの友達も作れます。

世界中を見て回りたいけど、やっぱり少し不安だし、勇気が出ない、、、
そんな方もまずは気軽に資料請求できますので話だけでも聞いてみませんか?

きっと、あなたの価値観、世界が広がること間違いなしです!!
ぜひ、世界一周の旅を味わってみてください。
気になる人は↓をクリック!!


Follow me!

トレッキングの聖地、ポカラの町でポカラ湖に浸る” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。