ギリシャのサントリーニへフェリーで行くには?

サントリーニにフェリーで行く

ギリシャはエーゲ海に面した東ヨーロッパの国です。このエーゲ海に浮かぶ有名な観光場所の一つがサントリーニ島です。最近では日本でもハネムーンなどで行く人が多いみたいです。この島の魅力はなんといっても白と青とコントラストがとても美しい!とっても可愛らしくておしゃれな街なんです。今回はそのサントリーニ島までの行き方をご紹介します!

 

サントリーニ島に行くにはギリシャのアテネから飛行機、高速船、フェリーの3つの方法があります。飛行機で行くにはアテネ市内から空港まで約30分、そこから直行便で1時間弱といったところ。価格も早めに予約すれば3000円台で買えることも!LCCがほとんど運行しているので荷物は別料金の可能性もあるので事前にチェックしましょう。

飛行機は早くて安い手段ですがせっかくならエーゲ海を眺めながら船旅したいですよね?時間がある人にはぜひ船旅をオススメします!

ということで船旅についてですが、高速船もフェリーも出発地点は同じでアテネのピレウス港です。市内からは電車でピレウスまで行くことができます。まず高速船。所要時間は大体5時間ほど、フェリーより3時間くらい早く着きます。早く着く分、もちろん料金はフェリーより高めで往復約15,000円くらいが相場になります。

対してフェリーは時間は少しかかりますが格安です。往復で約8,000円くらいで行くことができます。所要時間は8時間くらいかかりますがゆったりと船旅を楽しめます。ぼくはチケットをピレウス港に直接行って買いました。シーズンによっては当日だと買えないこともあるみたいなので事前に購入することをオススメします。ぼくは港の下見を兼ねて前日に購入しました。

船内は広くて明るくてキレイになっています。たびたび言いますがさすがヨーロッパ。船内のロビーにも席がたくさんあるので取り合いになることもなく席を確保できます。混雑している時期だともしかしたら座れないかも。ぼくは席も空いていましたが天気が良かったのでデッキで荷物を置き場所を確保しました。バックパッカーたちはデッキにいる人が多かったです。

広々とした船内には売店やレストラン、バーもあります。食事が込みのチケットもあるようです。船内なのでもちろん全体的に料金は高めです。ご飯や飲み物は持ち込んでおいた方が節約できます。

フェリーからの景色はかなりいい眺めです!エーゲ海の青さと周りの島々のゴツゴツした岩肌がマッチして壮大な景色です。

フェリーが通った後の海は波しぶきと海の青さとが入り混じってキレイな色に混ざり合います。この飛沫をずっと見ながらぼくはフェリーの中を過ごしました。天気もよかったのでお昼寝も最高です。(荷物の管理には要注意)

途中、2つほど島を経由してサントリーニにほぼ定刻で到着。約8時間ですね。次回はサントリーニ編をお伝えします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です