世界一の夕日!サントリーニのイアの街へ!!

サントリーニにある世界一の夕日!?

世界一周でサントリーニに着いてから2日目。サントリーニ散策を始めていきます。

サントリーニといえば、ぼくが宿泊しているショッピングや宿泊施設が集まった中心地のティラと、リゾート寄りでオシャレなレストランやカフェ、高級ホテルが崖に沿って立ち並ぶイア、この2つの町がメインです。この2つの都市は少し距離があるので、歩いていくのは少し遠いです。

サントリーニ

なので、交通手段が2つあります。

その移動手段はタクシーかバスです。タクシーは結構割高なのでぼくは迷わずバス一択。バスは本数も多く、冷房がついていて座席もキレイで快適なのでよっぽど人と関わるのが嫌でなければバスでいいと思います。ですが、夜は遅くまでは動いていないので、帰りが遅くなる場合はタクシーになります。

また、ティラもイアも町の中には車は入っていけないくらい狭い路地が続いているので、タクシーで行っても行けるのは市街地の手前まで。バスと同じくらいまでしか進めないので、このサントリーニのティラ、イア間でいえばバスがおすすめです。

それではイアの街に早速潜入します。

サントリーニ、と聞いて一番最初に浮かぶのは青と白のコントラスト。これは本当に有名です。だけど、それと同じくらい美しいものがあります。それは世界一の夕日と呼ばれる、”イアの夕日”です。

”サントリーニ 夕日”で検索して、出てくるほとんどの写真はこのイアの夕日の写真です。なぜキレイに見えるか言うと、、、

イアは断崖に沿って町が作られています。当然断崖なので、海に向かってどんどん下りになっているのですが、この断崖の地形とイアの街の向きが夕日を見るのにぴったりな地形になっているので夕日が美しく見えるんです!

この夕日はぜひ拝みに行きたいところですが、夕方まで時間はたっぷりあるのでまずは街の中を散策します。

イア

イアの街はこのようにどの道も細く人とすれ違うのもギリギリな感じです。だから、車は基本的に通りません。と言うか通れません。ですが、現地の人たちの物資の輸送用の車は通っています。こんなところ運転するのはめっちゃ大変そうです。。

でも、車が通る時はみんながしっかり道を開けて通してくれます。優しさが垣間見える瞬間ですね。こんな感じの路地にお土産屋さん、アクセサリー、雑貨屋、カフェなどなどたくさんのお店が立ち並んでいます。同じようなお店もいっぱい。特徴的なのはどのお店も店内は狭くこぢんまりしています。

田舎の商店みたいな感じで親近感湧きます。お店の人も気さくに話しかけてくれる人が多かったです。

そして、ティラの街もこのイアの街も歩いているとよく見かける光景があります。それは、、、

 

犬

寝てる動物たちです!動物といっても犬と猫です。至る所で気持ちよさそうにお昼寝をしています。とっても可愛らしいですね。近づいてもさすが観光地ということもあり人に慣れているのか、気にも止めずにまったりと過ごしています。

犬

猫

なんだか平和な感じですね。とても癒されます。

ちなみに、崖沿いの街なので、どこからでも海を望むことができます。その景色もどこから見ても一級品!本当に素敵な世界に舞い込んでしまったようです。

サントリーニ

サントリーニ

サントリーニ

サントリーニ

どこを切り取っても絵になります。歩いているだけで楽しめるなんて贅沢な街です。

そんな風景を楽しみながら夕日ポイントを探します。なんでも究極にキレイに見えるスポットがあるようなのでそこに向かいます。

その場所は、イアの街の中心?からもう少し行ったところにある、”イアの古城”と呼ばれる場所。昔お城があったみたいですね。今は、建物はなく石垣が少し残っているだけですが、お城と言うだけあって高台みたいな場所になっているので夕日がよく見えるようです。

向かってみましたが人がとても多く、、、写真撮るのも一苦労しそうな場所でした。ビールを買って飲みながら夕暮れのタイミングを待っていましたが、陽が沈むにつれてさらに人も増えてきたのでその場所から移動することに。

ちなみに沈む前に撮った写真がこちら。

イアの夕日

かなりの絶景ポイントですよね?でも移動した理由はもう一つ。せっかくならイアの街も一緒に撮れる場所がいいなと思ったからです。このキレイな夕日にイアの街も一緒に収められたらベストショットになると思い、場所変更を決めました。

ちなみに、写ってる女性、告白してるみたいですが、カメラを持って男性を撮影しているだけです。これはこれでナイスショットでした。

イアの夕日

なんてキレイな夕日なんでしょうか。言葉も出ません。これが世界一の夕日、”イアの夕日”。この異名に相応しい完璧な夕日でした。そして、やっぱり移動して正解でした。この夕日に町が入ることでより一層美しい風景に。

こんな素敵な夕日を男1人で眺めるなんて寂しい、なんて見る前は考えていましたが、そんなこと考えていた事も忘れて見惚れていました。また、この旅で忘れることのできないハイライトが生まれました。本当にきれいだな。

ちなみにさっきまでいたイアの古城を見てみると、若者たちでだいぶ盛り上がっていました。

イアの古城

あの叫んでいる若者が何を叫んでいるかは聞き取れませんでした。残念。

そのまま夕日が沈むまでぼんやりと眺めていました。最後の瞬間まで感動的な素晴らしい夕日でした。

イアの夕日

この世界一と言われる、”イアの夕日”、一度は見に行ってみてください!カップルで行くもよし、グループで行くもよし、もちろんぼくもみたいなバックパッカーでも見る価値ありです!こんな夕日の中、プロポーズとかしちゃったら成功間違いなしですね!

日本からだと、経由地が多く時間もお金もかかりますが、それでもぜひ拝みに行ってみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です