トレッキングの拠点、ポカラ

f:id:mogunon:20200501214423j:plain

ネパールの首都、カトマンズから140km離れた町、ポカラ。ここはヒマラヤ山脈の麓町としても有名です。ネパールに来た目的の一つはトレッキング。なので拠点となるポカラへと向かいます。

カトマンズからポカラへはバスで向かいます。飛行機もありますが欠便が結構出るらしい、、

バスは基本的には定刻通り出発するので安心。種類はいくつかあって、めっちゃいいバスはめっちゃ快適らしいです。価格は確か25ドルくらい。ネパールにしては高めですが、ゆったりなシートなので余裕がある人はぜひ。(僕は乗ったことありません)

僕が乗ったのは、ツーリストバスと呼ばれるバスで、まあその名の通りツーリストが乗るバスです。600Rs(約550円)と比較的安い値段です。バスの広さは普通のバス。価格は変わらずでwifiが付いていたり、扇風機がついていたりと機能はまちまちだけど、そんなに辛い、という感じではなかったです。(バスの写真と車内は撮り忘れました)

所要時間は7時間。山道をくねくねと進んでいきます。バス酔いする人はかなりきついかも。お昼くらいに休憩があり、そこで昼食を食べることができます。食事はもちろんワンプレートの国民食、ダルバートです!!

山道は結構道も狭くてスレスレな道を通っていくのでスリル満点。というか本当に落ちないか心配になる程。車がすれ違う時はかなり怖いです。バスはもちろんそれなりに安全運転でいきますが、ローカルバス?のような小さめのバスはなかなかのスピードで飛ばしながら山道のカーブを進んでいくので落ちるんじゃないかと見ててヒヤヒヤ。車の上に荷物を積んでいたりするんで、荷物が落ちることはちょくちょくあるそう。恐ろしい、、、

f:id:mogunon:20200502003715j:plain

予想以上に順調に進んでほぼ予定通りの時間にポカラに到着。到着したらバスターミナルから町の中心部に向かいます。だいたいどこに行ってもバスターミナルは中心部からはそれなりに離れたところにあるので、そこからの移動手段をいかに早く探すかで、重いバックパックをいかに早く下ろせるかが決まります。

乗合のタクシーを探していると、日本人を発見。目が合って向こうから話しかけてくる。「一緒に乗り合って行かへん?」

どうやら関西人らしい。名前はマサルさん。断る理由はないので一緒にタクシーを乗り合わせて街へと向かいます。この時はまだこの人と2カ国をまたぎ濃い時間を過ごすことは想像もしていなかった。

</ p>

タクシーの中で簡単な自己紹介。マサルさんは僕とは逆周りで、南米から東に向かって旅をしていきているようです。彼も僕と同じくこの町にはトレッキング目当てで来ているらしい。それなら一緒に登ろう!という話になりガイドなしで二人で登ることにした。自分としても知らない土地の山に一人で登るより誰かがいた方がもちろん心強い。とてもありがたい出逢いでした。

取っている宿が違ったので、一旦別れて翌日以降は同じ宿に移り準備、作戦を立てよう、ということになりました。

f:id:mogunon:20200502004638j:plain

ということで次回はポカラの魅力をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です